ウォーキング

ウォーキング

HOME >ウォーキング

〜恩田の森 ウォーキングつれづれ〜

ウォーキングを通して、つれづれなるままに
感じたことを綴ってみました。




恩田の森につながる階段


最近は健康ブームでウォーキング が盛んですが、わたしも、数年前から時どき自宅近くをウォーキングしています。

わたしの住んでいる沿線区域は、大部分が宅地化された新興住宅地で、趣ある古い町並みは存在しません。いつも同じ場所か、住宅街ばかりのウォーキングで、いささか飽きがきていました。


ところがある日、ウォーキングにとても適した場所を発見したのです。ウォーキングシューズそこは忘れられたように、開発から取り残された隣町で、歩いて10分足らずの、丘と呼ぶのにふさわしい小高い森でした。


以前から山があったのは知っていましたが、入る場所が見つからなかったのです。あちこちとウォーキングをしているうち、マンションの四階ほどの、山に入る石段を見つけたのです。

石段を登って見ると、もう、そこは山の中の雰囲気なのです。小躍りしました。

ウォーキングしながら臨む恩田の森の風景




階段を上り、国道を臨む段々畑 それからは毎日、この小さな丘をウォーキングすることにしました。

階段を登ると右側に段々畑が広がり、少し歩くと、道が二股に分れています。右に下れば県道で、県道の先には「子どもの国」〜「長津田」を結ぶローカル線が走っています。左に行くと山道でした。
分かれ道のところには、冬は椿が咲いていて、いつも道にボトボトと椿の花が落ちていました。 子どものころに見た原風景なのでしょうか。とても懐かしく感じられ、いつもこの場所にくると不思議な気持ちに浸れました。
山道では、人も車もめったに通りません。ごくたまに、わたしと同じウォーキングをする人に出会うだけです。人家がぽつん、ぽつんとあって、物思いに耽って歩いていると突然犬に吠えられ、悲鳴をあげたこともありました。



その先には、道が左にカーブしていて両脇に鬱蒼と茂った竹薮に出ます。昼間でも薄暗い竹薮を通り抜けると、右手の少し下ったところに、寂れた古い建物があり、「詩吟教室」と書かれた看板がかかっていました。
こんな場所に教室があるのにはおどろきましたが、薄暗い竹薮から出ると、いつもほっとするのです。


左は露出した土が盛り上がり、右手は畑が続きます。この辺りから徐々に下り坂になって、そして畑や人家が多くなってくると県道へとつながるのです。
ウォーキング道にある竹薮 椿が落ちている道



ひろーい畑ばかりの中に1軒の家があります。

まるで花屋さんを思わせるような鉢植えの花がどっさりと道にはみ出し、並べられています。ドアの傍らに「Cafe」と看板が掲げてあるのです。店の主人と思われる中年の女性が時どき花に水をやっているのを見かけます。(こんな場所でお客さんが入るのかな?) と要らぬおせっかいを焼きつつ、突き当たりをUターンするように左に曲がります。


左手に今通ってきた山を臨み、右手に新たな小さな山を挟んで、今度は古い民家の町並みをウォーキングします。そして田んぼの畦道を通り、名も知らない小さな野草を見つけながら家路につくのです。



カラスのたまり場
何か良からぬ相談事?
この田んぼは、カラスの社交場なのでしょうか、いつもウォーキングする度にカラスが群れているのです。

先日、田んぼの向こう側にいる変な格好の真っ黒な猫を見ました。動物が獲物を狙うときは背を低くしながら歩行しますが、まさに、猫が同じように腰をかがめて歩行しているのです。


よく見ると、その猫の頭上にはカラスが3〜4羽、猫の後を追いながら旋回していました。どうやら猫は獲物を狙っていたのではなく、腰が引けてビビッていたのでした。                                
時どきカラスは猫を威嚇するように、猫の頭をかすめるように急降下しています。猫は田んぼに何度か落ちそうになりながらも、足早になったり立ち止まったりしてカラスの攻撃をかわしていましたが、意を決したのかいきなり走り出し、すごい速さで道路の反対側の田んぼへ移りました。


田んぼが一段低くなっているので猫の姿が見えなくなりましたが、カラスが旋回しているので、その下に猫がいるのでしょう。そのカラスもわたしの視界からだんだん遠のいてしまいました。たぶんその先に人家があるので、猫は安全地帯に逃げ込むことができたのだと思います。


いくらカラスでも、あまりにも多いときはさすがに不気味で、用心しながら通り抜けます。見ている人がいたら、わたしもきっと腰が引けた状態だったかも知れません。



この間ウォーキングの帰り道に、ウグイスの啼く声を耳にしました。「ホー、ホケホケキョ・・・・・・ホー、ホケホケキョ」と聞こえます。何度聞いてもそう聞こえます。帰ってから夫に話してみると「そんな啼き方はしないヨ、それはセッカチなウグイスなんでしょ」 と言って相手にしません。あの鳥は別の鳥だったのか、それともほんとにセッカチなウグイスだったのか?
ちょうど小一時間ほどのウォーキングですが、健康診断では中性脂肪が高い、と指摘されたわたしには、ちょうどよいウォーキングとなっています。




歩幅を広げたり、より早く歩いたりと、少ない時間でいかに効率よく中性脂肪を燃焼させ、全身の筋力を付けるか、わたしなりのエクササイズウォーキング方法です


【内臓脂肪減少効果ウォーキング】

腕は「ヨーイ」の位置まで曲げる。ウォーキングしながら、両腕はぴたりとからだに付け、腕を振る要領で、腕と一緒に上半身をよじる。(右足を出したときは、左肩を前に出し、右によじる。)このウォーキング方法は、肩こりの予防にもいいです。



【腹筋効果ウォーキング】

ウォーキングしながら、お腹をへこませ歩く。疲れたらやめ、また始める、を交互に繰り返す。これはかなり腹筋が付きます。







........... メニュー ..........
ガーデニング☆DIY
サークルテラス
レンガで花壇
アプローチ
レンガウォールを作ってみました part1
レンガウォールを作ってみました part2
レンガウォールを作ってみました part3
ブリックでウッドデッキの階段
レンガ・ブリックの立水栓
敷石とブリックの園路
レンガの積み方・敷き方
バーベキューコンロ
枕木庭園灯
物置の室外機カバー
玄関前の庭園灯
カッパの置物
庭飾り 犬の置物
ビーズと蔓の飾り表札
多肉植物を使って表札
バードフィーダー
クリスマスツリー
クリスマス・正月花飾り
ウェルカムボード
巣箱とバードウォッチング
ハンギングバスケット
丸杭を使って花入れ
流木の花台
木の枝の飾りポット
春のプランター
秋の花に似合う花入れ
変わりプランター
樽型のフラワーボックス
切り株のコンテナ
テーブルのバスケット
シャンデリアの飾り鉢
吊り下げ式の花入れ
新春の花飾り2点
花と葉ものと8月の花台
カット枝のグリーンスタンド
枝に絡ませた半日蔭の植物
花☆植物
足利フラワーパーク 花
エッセイ ツツジの花
秋の花 コスモス
花に思う
エッセイ・あじさい
花・クリスマスローズ
花・クレマチス
日陰の植物
観葉植物のアロマテラピー
ハーブのある暮らし
ハーブの効用
ハーブを使った料理
国際バラとガーデニングショウ
国際バラとガーデニングショウ 2
昭和記念公園 フラワーガーデンショー
那須フラワーワールドと水陸両用バス
自然植物園 らんの里堂ヶ島
富士山に臨む山中湖の花の都公園
菊とお線香の感動
昭和記念公園の花だより
虹の郷・花しょうぶ
ペットプランツのカラスムギ
草花を上手に育てるコツ
ハーブと野菜のコンパニオンプランツ
つる性植物とツルバラの育て方
ブルーベリーの育て方
花も美しいモモの栽培
生ごみで堆肥をつくってみました

花と花言葉
366日の花と花言葉
1月の花 花言葉 1月1日〜31日
2月の花 花言葉 2月1日〜29日
3月の花 花言葉 3月1日〜31日
4月の花 花言葉 4月1日〜30日
5月の花 花言葉 5月1日〜31日
6月の花 花言葉 6月1日〜30日
7月の花 花言葉 7月1日〜31日
8月の花 花言葉 8月1日〜31日
9月の花 花言葉 9月1日〜30日
10月の花 花言葉 10月1日〜31日
11月の花 花言葉 11月1日〜30日
12月の花 花言葉 12月1日〜31日
自然☆森
アシナガバチの巣
スズメバチアシナガバチ
エッセイ 鳩の昇天
エッセイ・犬・猫一寸見
四季の森公園
薬師池公園
恩田の森
寺家ふるさとの森
三保市民の森
新治市民の森
健康とウォーキング
ウォーキンググッズ
犬吠埼の初日の出
りんどう湖のkakku(滑空)
十津川村「谷瀬の吊り橋」
紅葉の旅 水上温泉と日光
鳥居観音の紅葉と日原鍾乳洞
紅葉と滝
森の散歩道のキノコ類

その他
サイトマップ
園芸用語集
雑誌掲載 1
雑誌掲載 2
雑誌掲載 3
雑誌掲載 4
雑誌掲載 5
雑誌掲載 6
プロフィール
リンク集
メール





 Copyright (C) 魅る魅るガーデニング All Rights Reserved