エッセイ 犬・猫一寸見

エッセイ 犬猫の生態こんな一面

HOME >エッセイ 犬猫一寸見
〜 エッセイ 犬・猫一寸見 〜


猫の一面






先日花の手入れにでもとカーテンを開けたとき、猫が家の庭でトイレタイムをしているのを見つけた。数日前に花の植え替えをしているとき、素手で猫のウンチを触ってしまったことがあった。


すぐにサッシュのガラスを手の平で何回か叩いた。猫は驚いてその場を離れたが、私とのへだたりが安全である一定の距離までくるとゆっくりと振り向き、こちらを睨みつけた。黒猫でヒョウのような金色の目をしている。


以前住んでいた家でこれに似た黒猫を思いだした。隣に広い空き地があり、一部が駐車場になっていて、残りは葦や雑草が生い茂り、野良猫のたまり場になっていた。

私が車を出しに駐車場に行ったとき、ちょうど黒猫と白猫が睨み合いをしていた。どうやら縄張り争いらしい。


猫は体を低くし背中を高くしたままお互いに鋭い眼光を放ち、低くうなり合っている。長いこと睨み合った後は一段と唸り声が高くなり、同時に1メートルくらい高く飛びあがり空中でガッチリと組み合った。そのときに咬み合っているようにも見えた。そしてそのまま地面に落ちる。

珍しい光景に出くわしたと思い、息をのんでこの展開を見ていた。


睨み合いと唸りが続き、そしてまた同じように空中で咬み合う。この行動を何回となくか繰り返していた後、黒猫が少しずつ後ずさりを始めた。負けたのだ。


よく見ると黒い毛の顔面に血が流れている。
「大丈夫だよ、よくガンバッタ、ガンバッタ」と近寄った私を、黒猫はチラっと見ると、見られたくない場を見られたというような、なんとも言えない嫌な表情をした。私が人間の感情で見ていたかもしれないが、ほんとうにそう感じた。
その後、黒猫はここが機とばかりに一目散で逃げ去り、そして白猫は、黒猫を慰めようとしていた私を一瞥すると悠々と立ち去って行った。

動物とはいえ2匹に袖にされた私は急に恥駆れた思いに襲われてしまった。人が見ていたら黒猫同様、変な顔をしていたに違いない。


犬の一面




よく犬派か猫派かと問われることがあるが、私はどっちかというと犬派である。以前に飼っていた犬はミニチュアシュナウザーで、名前はロブ(メス犬だがいきさつ上仕方なくロブと付けた)。どの犬でも外へ出るのが好きだが、ロブはとくに外に出たがる。なので大体どこに行くにも一緒に連れて出た。

靴を履いているロブ


でも連れていくことができないこともある。そんなときは、「ロブ、出かけてくるからね、ロブは待て、待てだヨ」と、何度も言って出かける。が、帰宅してみると家の中は凄いことになっていた。


食いちぎられた段ボール(隣の部屋の境に段ボールを置き行かれないようにしてある)がいたるところに散らばって、もうめっちゃくちゃ。



初めは鬼の居ぬ間の洗濯なのかと思っていたが、回を重ねて分かったのだが、どうやら腹立ち紛れのようなのだ。案の定黙って出かけて戻ってみると何事もない。それからはロブの前で「行く、行こうか」は禁句になった。


ある日、夫がうっかり「じゃぁ、行こうか」と言ってしまった。ロブはすぐさま玄関に飛んで行ってしまった。困ったと思い知らんふりしていると、待ちくたびれて戻ってきたロブは、まるで人間の子のように文句タラタラの口調で、「フ〜ウ〜ン」と抑揚をつけて唸ってきた。


仕方なく連れていくことを決めた私が、「じゃぁ、オシッコして」と言うと、ほんとうにトイレシーツでオシッコしたのである。このときすでにオシッコを理解していた。ミニチュアシュナウザーは利口だと聞いたことがあるが、ほんとうにお利口さんだ。


親バカかもしれないがロブは覚えが早かった。私の前に来てクルクルと回るときはウンチ・オシッコを教えにきたとき、またイナイイナイバ〜(イナイイナイというと顔を私の脇の下に入れ、バ〜と言うと顔を出す)や、あっち向いてホイッ(これは手の向く方へ顔を向けるだけだけど)、あとは拳銃で撃たれて死んだふり、敬礼、足でお手(お足)をする、などなどができた。


敬礼をしているロブ


ロブは近くのブリーダーさんから購入した。生まれて45日目に家に連れて帰るとき、こんな子犬でも何かを感じ取っているのか、運転する私の膝の上からジーッと私を見ていた。


家に来てしばらくしてからロブが何か粗相をしたのか、私に怒られたことがあった。ロブはお座りしてこちらを向き、私の許しを待っていた。私はテレビに見入り、ロブのことをすっかり忘れてしまった。


ふと気付いてロブを見ると、お座りしたままコックリコックリを始めていた。カクッと膝が折れると慌てて元に戻って、またカクッ!。可愛かった。「おいで!」と言うと膝にピョンと飛び乗ってきた。


またあるとき、私たち夫婦は喧嘩を始めてしまった。ロブはどうしたかと言えば、壁に向かってお座りし、顔を上に向けて壁を見たたままジーッとしていた。 まさしく「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」である。喧嘩の途中でありながらついつい笑ってしまった。ほんとうに人間らしい感情を持った犬だった。


でもロブは3才になったとき心臓発作で死んでしまった。その後も犬を飼ったことがあるが、残念ながらロブのような人間らしい感情は持ち合わせてはいなかった。あの可愛い顔、仕草が忘れられない。


今、テレビでもミニチュアシュナウザーがドラマに出て人気があるという。犬を飼うなら今度もまたシュナウザーを飼ってみたいと思っている。








........... メニュー ..........
ガーデニング☆DIY
サークルテラス
レンガで花壇
アプローチ
レンガウォールを作ってみました part1
レンガウォールを作ってみました part2
レンガウォールを作ってみました part3
ブリックでウッドデッキの階段
レンガ・ブリックの立水栓
敷石とブリックの園路
レンガの積み方・敷き方
バーベキューコンロ
枕木庭園灯
物置の室外機カバー
玄関前の庭園灯
カッパの置物
庭飾り 犬の置物
ビーズと蔓の飾り表札
多肉植物を使って表札
バードフィーダー
クリスマスツリー
クリスマス・正月花飾り
ウェルカムボード
巣箱とバードウォッチング
ハンギングバスケット
丸杭を使って花入れ
流木の花台
木の枝の飾りポット
春のプランター
秋の花に似合う花入れ
変わりプランター
樽型のフラワーボックス
切り株のコンテナ
テーブルのバスケット
シャンデリアの飾り鉢
吊り下げ式の花入れ
新春の花飾り2点
花と葉ものと8月の花台
カット枝のグリーンスタンド
枝に絡ませた半日蔭の植物
花☆植物
足利フラワーパーク 花
エッセイ ツツジの花
秋の花 コスモス
花に思う
エッセイ・あじさい
花・クリスマスローズ
花・クレマチス
日陰の植物
観葉植物のアロマテラピー
ハーブのある暮らし
ハーブの効用
ハーブを使った料理
国際バラとガーデニングショウ
国際バラとガーデニングショウ 2
昭和記念公園 フラワーガーデンショー
那須フラワーワールドと水陸両用バス
自然植物園 らんの里堂ヶ島
富士山に臨む山中湖の花の都公園
菊とお線香の感動
昭和記念公園の花だより
虹の郷・花しょうぶ
ペットプランツのカラスムギ
草花を上手に育てるコツ
ハーブと野菜のコンパニオンプランツ
つる性植物とツルバラの育て方
ブルーベリーの育て方
花も美しいモモの栽培
生ごみで堆肥をつくってみました

花と花言葉
366日の花と花言葉
1月の花 花言葉 1月1日〜31日
2月の花 花言葉 2月1日〜29日
3月の花 花言葉 3月1日〜31日
4月の花 花言葉 4月1日〜30日
5月の花 花言葉 5月1日〜31日
6月の花 花言葉 6月1日〜30日
7月の花 花言葉 7月1日〜31日
8月の花 花言葉 8月1日〜31日
9月の花 花言葉 9月1日〜30日
10月の花 花言葉 10月1日〜31日
11月の花 花言葉 11月1日〜30日
12月の花 花言葉 12月1日〜31日
自然☆森
アシナガバチの巣
スズメバチアシナガバチ
エッセイ 鳩の昇天
エッセイ・犬・猫一寸見
四季の森公園
薬師池公園
恩田の森
寺家ふるさとの森
三保市民の森
新治市民の森
健康とウォーキング
ウォーキンググッズ
犬吠埼の初日の出
りんどう湖のkakku(滑空)
十津川村「谷瀬の吊り橋」
紅葉の旅 水上温泉と日光
鳥居観音の紅葉と日原鍾乳洞
紅葉と滝
森の散歩道のキノコ類

その他
サイトマップ
園芸用語集
雑誌掲載 1
雑誌掲載 2
雑誌掲載 3
雑誌掲載 4
雑誌掲載 5
雑誌掲載 6
プロフィール
リンク集
メール





 Copyright (C) 魅る魅るガーデニング All Rights Reserved