スズメバチ アシナガバチ

スズメバチにアシナガバチの巣が襲われる

HOME  >スズメバチ アシナガバチ
スズメバチアシナガバチの巣が襲われる! 〜



アシナガバチの見守る中、堂々とその美食を味わっているスズメバチ !!




庭に出たときでした。スズメバチが一匹、アシナガバチの巣に止まっているのに気付きました。よく見るとハチノコを食べているではありませんか!

カメラ、カメラ!と慌てて取りにいき、シャッターを切ったのがこの写真です。相手はスズメバチなのであまり側に近づけません。離れた場所からのシャッターとなりました。

スズメバチはハチノコを吸いつくすと、自分の巣に戻るのか、どこかに飛んで行きました。そして30分もしないうちにまたやって来ました。








蛹の巣穴の蓋を齧り取っているスズメ。



蓋を壊して巣穴の中に頭を突っ込むスズメバチ。





上の写真は2度目にやってきたスズメバチで、先ほど来た同じスズメバチだと思います。蛹の巣穴の蓋を削っているのでしょう。ガリガリと音がしていました。(写真左)

蓋を削り取ると、今度は頭を突っ込んで蛹を取りだそうとしています。巣の上ではアシナガバチが手出しも出来ずに、ただ不安げに様子を見ていました。
(写真右)








巣穴から一気にハチノコを引っぱり出している。



巣穴から取り出したハチノコを食べているスズメバチ。





スズメバチが巣穴からハチノコを出している様子です。(写真左)写真は撮りそこないましたが、このあと力まかせにグイッとばかりに頭をねじり、ハチノコを引っ張り出しました。

ハチノコを取り出したあとのスズメバチを、別の角度から撮ったのが
右側の写真です。ひと抱えもあるハチノコを、しっかりと前足で抱えるように押さえ込み、かぶり付いていました。








スズメバチが去った後、右往左往するアシナガバチ。


中にはスズメバチに戦いを挑んだのか、アシナガバチの死骸が…。




スズメバチが去った後アシナガバチはすぐに敏感に動き出し、てんやわんやの右往左往です。中には食べられた後の巣穴に頭を突っ込み、点検するアシナガバチもいました。(写真左)

作業ボックスの上には、スズメバチが吸いつくしたあとのハチノコの残骸がありました。左下にはスズメバチに果敢にも挑み、あえなく殺されたと思われるアシナガバチの死骸があります。その右上には、ハイエナのような蠅がその残骸にありついていました。
(写真右)










スズメバチは、この後も何度も何度もハチノコを求め、やってきては食べ漁っていました。私がアシナガバチの巣で、スズメバチを目撃してから3日目にはハチノコは食べつくされ、一匹のアシナガバチも居らず、巣はカラッポになっていました。


アシナガバチは、大事に育てているハチノコを食べ荒らされていたときも、スズメバチにはまったく手出しはしませんでした。 初めに見たときは動いている気配がなかったので、死んでいるとばかり思っていました。


でもスズメバチが去ったあと、すぐに敏捷な行動で巣穴の点検に動きはじめるのです。それならばなぜスズメバチに対して集団で戦えないのかと、何とも情けなくひとり憤慨していました。

そこで事典で調べてみると、このスズメバチはどうやらアシナガバチの天敵、ヒメスズメバチだと判明しました。となると、アシナガバチはこの不幸の嵐が通り過ぎるまで、ただただ耐えているしか方法がなかったのですね。






ヒメスズメバチ(Vespa ducalis)

オオスズメバチに次ぐ大型のスズメバチで、体長は24〜37mm。尾部が黒いことから他種のスズメバチと区別が付けられる。都会でもよく見られるスズメバチだが、攻撃性は大型のスズメバチ属の中で最も弱く、毒性もそれほど強くない。土中、樹洞、屋根裏等の閉鎖空間に巣を作るが、営巣規模は他のスズメバチに比べはるかに小さく、働きバチの数は全盛期でも数十頭程度である。一般的なスズメバチは、サイズが女王蜂>オス蜂>働き蜂の順だが、ヒメスズメバチには特に差は見られない。


ヒメスズメバチの幼虫は基本的にアシナガバチ類の蛹や幼虫のみを餌とするため、成虫はアシナガバチの巣を襲って幼虫や蛹を狩る。このとき、他のスズメバチ類のように筋肉部分だけを切り取って肉団子にするのではなく、噛み砕いた獲物の体液を?嚢に収めて巣に持ち帰り幼虫に与える。また、キイロスズメバチやコガタスズメバチなどの巣を襲ってそれらの幼虫や蛹を狩る様子も時折観察されている。
                        フリー百科事典: ウキペディア(Wikipedia)より






1ヶ月ほど前に私はこのアシナガバチに刺され、一時は腫れと痛さでアシナガバチを腹立たしく思っていました。でも今このカラになった巣を見ていると、かいがいしく世話をやいていた彼らがとても可哀そうに思えました。

自然の摂理とは言えあまりにも残酷です。残された巣を見るたびに何処へ行ったのかと、一抹の哀れを覚えます。




アシナガバチの巣はこちらから






........... メニュー ..........
ガーデニング☆DIY
サークルテラス
レンガで花壇
アプローチ
レンガウォールを作ってみました part1
レンガウォールを作ってみました part2
レンガウォールを作ってみました part3
ブリックでウッドデッキの階段
レンガ・ブリックの立水栓
敷石とブリックの園路
レンガの積み方・敷き方
バーベキューコンロ
枕木庭園灯
物置の室外機カバー
玄関前の庭園灯
カッパの置物
庭飾り 犬の置物
ビーズと蔓の飾り表札
多肉植物を使って表札
バードフィーダー
クリスマスツリー
クリスマス・正月花飾り
ウェルカムボード
巣箱とバードウォッチング
ハンギングバスケット
丸杭を使って花入れ
流木の花台
木の枝の飾りポット
春のプランター
秋の花に似合う花入れ
変わりプランター
樽型のフラワーボックス
切り株のコンテナ
テーブルのバスケット
シャンデリアの飾り鉢
吊り下げ式の花入れ
新春の花飾り2点
花と葉ものと8月の花台
カット枝のグリーンスタンド
枝に絡ませた半日蔭の植物
花☆植物
足利フラワーパーク 花
エッセイ ツツジの花
秋の花 コスモス
花に思う
エッセイ・あじさい
花・クリスマスローズ
花・クレマチス
日陰の植物
観葉植物のアロマテラピー
ハーブのある暮らし
ハーブの効用
ハーブを使った料理
国際バラとガーデニングショウ
国際バラとガーデニングショウ 2
昭和記念公園 フラワーガーデンショー
那須フラワーワールドと水陸両用バス
自然植物園 らんの里堂ヶ島
富士山に臨む山中湖の花の都公園
菊とお線香の感動
昭和記念公園の花だより
虹の郷・花しょうぶ
ペットプランツのカラスムギ
草花を上手に育てるコツ
ハーブと野菜のコンパニオンプランツ
つる性植物とツルバラの育て方
ブルーベリーの育て方
花も美しいモモの栽培
生ごみで堆肥をつくってみました

花と花言葉
366日の花と花言葉
1月の花 花言葉 1月1日〜31日
2月の花 花言葉 2月1日〜29日
3月の花 花言葉 3月1日〜31日
4月の花 花言葉 4月1日〜30日
5月の花 花言葉 5月1日〜31日
6月の花 花言葉 6月1日〜30日
7月の花 花言葉 7月1日〜31日
8月の花 花言葉 8月1日〜31日
9月の花 花言葉 9月1日〜30日
10月の花 花言葉 10月1日〜31日
11月の花 花言葉 11月1日〜30日
12月の花 花言葉 12月1日〜31日
自然☆森
アシナガバチの巣
スズメバチアシナガバチ
エッセイ 鳩の昇天
エッセイ・犬・猫一寸見
四季の森公園
薬師池公園
恩田の森
寺家ふるさとの森
三保市民の森
新治市民の森
健康とウォーキング
ウォーキンググッズ
犬吠埼の初日の出
りんどう湖のkakku(滑空)
十津川村「谷瀬の吊り橋」
紅葉の旅 水上温泉と日光
鳥居観音の紅葉と日原鍾乳洞
紅葉と滝
森の散歩道のキノコ類

その他
サイトマップ
園芸用語集
雑誌掲載 1
雑誌掲載 2
雑誌掲載 3
雑誌掲載 4
雑誌掲載 5
雑誌掲載 6
プロフィール
リンク集
メール





 Copyright (C) 魅る魅るガーデニング All Rights Reserved