花 ブッドレア

花と花言葉 ブッドレア

 HOME > 366日の花 花言葉 > ブッドレア


【カテゴリー紹介】
1年366日の花と、その花言葉のもつ伝説や由来、またその花の栽培方法を紹介しています。
女性のアンケート調査で「貰って嬉しいもの」の上位は花だそうです。女性に限りませんが、美しい花を貰って嬉しく思わない人はいないはずです。もし親しい人や恋人に花を贈るとき、花に込められたメッセージを知っていれば、より大きく相手の心に伝わります。 知りたい花を見つけてガーデニングや園芸、そして花贈りなどに役立てていただけたら嬉しいです。



〜 8月3日の花 ブッドレア(房藤空木) 〜


ブッドレア(房藤空木)1 ブッドレア(房藤空木)2 ブッドレア(房藤空木)3



花言葉 魅力・深い信仰心・あなたを慕う・私を忘れないで・恋の予感
別名 フサフジウツギ・バタフライブッシュ・ニシキフジウツギ
科・属名 フジウツギ科・ブッドレア属
原産地 中国西部原産
状態 落葉低木





...........花のいわれ・特徴.........




ブッドレアは中国西部原産の落葉性低木です。ヨーロッパで改良されたものが明治時代に渡来し、現在は庭木や切り花用に栽培されています。種がとても多いのですが、園芸上はブッドレア・ダウディー(フサフジウツギ)とその交配品種を指します。

高さ2〜3mの低木で、葉の表面は濃い緑、裏面は灰白色で、春に伸び始めた枝の先に初夏から秋にかけて、30p以上にもなる小さな筒状の花穂をつけます。色は白や淡紫・ピンク・赤紫・藤・黄・オレンジ・紅などでライラックに似た美しい花を咲かせます。開花期は5〜10月で鉢の市販期は4〜7月頃です。

属名の「ブッドレア(Buddleja)」は、イギリスの牧師であり植物学者でもあった「アダム・バドル(Adam Buddle)」を記念してつけられました。和名はフジウツギと同じ仲間で、藤の花を逆さに立てたような花房をつけるところから「フサフジウツギ(房藤空木)」、または「ニシキフジウツギ(錦藤空木)」と呼ばれ、数々の園芸品種の親となっています。

中国原産のブッドレアですが、日本でも秩父で野生化されているのが見つかり「チチブフサウツギ(秩父房空木)」との別名もあります。また花には芳香があり、この香りと甘い蜜を求めて開花期にはつねに蝶が群がることから、英名は「butterfly bush(バタフライ ブッシュ)、または summer lilac(サマー ライラック)」です。




...........花の栽培.........


植え場所は、日照を好みますので日当たりと水はけのよい場所に、有機質をたっぷりすき込んでから植えます。春から秋に2ヵ月に1回、緩効性化成肥料を追肥します。

花がらが目立つので早めに切りと取ると、脇芽が伸びて再度美しい花が楽しめます。大変丈夫な植物で繁殖力も強く、剪定はいつでも大丈夫ですが、花芽のできない冬に基本的な樹形を整えます。






366日の花と花言葉
  1月の花 花言葉 1月1日〜31日   5月の花 花言葉 5月1日〜31日   9月の花 花言葉 9月1日〜30日
  2月の花 花言葉 2月1日〜29日   6月の花 花言葉 6月1日〜30日   10月の花 花言葉 10月1日〜31日
  3月の花 花言葉 3月1日〜31日   7月の花 花言葉 7月1日〜31日   11月の花 花言葉 11月1日〜30日
  4月の花 花言葉 4月1日〜30日   8月の花 花言葉 8月1日〜31日   12月の花 花言葉 12月1日〜31日
Copyright (C) 魅る魅るガーデニング All Rights Reserved