花 シクラメン

花と花言葉 シクラメン

 HOME > 366日の花 花言葉 > シクラメン


【カテゴリー紹介】
1年366日の花と、その花言葉のもつ伝説や由来、またその花の栽培方法を紹介しています。
女性のアンケート調査で「貰って嬉しいもの」の上位は花だそうです。女性に限りませんが、美しい花を貰って嬉しく思わない人はいないはずです。もし親しい人や恋人に花を贈るとき、花に込められたメッセージを知っていれば、より大きく相手の心に伝わります。 知りたい花を見つけてガーデニングや園芸、そして花贈りなどに役立てていただけたら嬉しいです。



〜 12月27日の花 シクラメン(豚の饅頭、篝火花) 〜


シクラメン(篝火花)白 シクラメン(篝火花)複色 シクラメン(篝火花)ピンク



花言葉 切ない私の愛を受け取って・はにかみ(ピンク)・清純・嫉妬(赤)・理解・内気
別名 カガリビバナ・ブタノマンジュウ
科・属名 サクラソウ科・シクラメン属
原産地 地中海沿岸原産
状態 多年草





...........花のいわれ・特徴.........




シクラメンは地中海沿岸原産の多年草で、日本に輸入されたのは明治初期頃です。冬の鉢花の女王と呼ばれ、日本の年末年始にには欠かせない花であり、誰に贈っても喜ばれるのがこのシクラメンです。花期が長く、色も赤や白、ピンク、藤色、黄色(写真右上)などの花色も豊富で人気の高い鉢花です。

大輪種にはフリンジ咲き(写真右下)や複色・パステル色、中輪種は一代交配種で丈夫で育てやすく、ミニ系は原種に近い小さな花が咲きます。葉はハート形や卵形で縁には小さなギザギザあり、表面は銀灰色斑紋が入り、裏面は光沢のある紅紫色をしています。草丈は10〜30cm。花期は11〜翌4月、鉢の市販期は10〜翌1月頃です。

属名の「シクラメン(Cyclamen)」はギリシア語の『kyklos「キクロス(丸い形)」』という意で、球根がずんぐりしていることや受粉すると花梗が丸くなることに由来しています。原産地では野豚がこの花の茎を好んで食べることから「Sow bread(メスブタのパン)」と呼ばれています。

このことから和名は、日本の植物学博士が直訳して「ブタノマンジュウ(豚の饅頭)」とつけたそうです。ただ花屋さんで「ブタノマンジュウください」とはちょっと言いずらいですね。そのせいか和名を使う人はほとんどなくシクラメンで通っています。もう一つの「カガリビバナ(篝火花)」は、花の咲き揃ってきたときの様子が篝火のようだということから名づけられています(九条武子婦人の言葉から牧野富太郎博士が命名)。英名は「cyclamen(シクラメン)、または florist's cyclamen(フローリスツ シクラメン)」です。

ヨーロッパでは根を細かくほぐしてから思いを寄せている人の飲ませると心が傾いてくれると信じられ、また古くは蛇の咬み傷を治す、耳の病気を治す、あるいはお守りとして庭に植えていたそうです。そのため「修道女の花」「病気を治す花」「魔力を封じる花」「聖母の心臓」などの多くの別名があります。




...........花の栽培.........


日当たりのよい場所を好むので、室内に置くときは、数時間でも直射日光に当てるようにします。過湿は根腐れや病気になることもありますので、水は表土が乾いたら、花や葉にかからないように与えます。底面灌水する場合は、常に給水部分の3分の2程度に水をためておきます。

肥料は開花中は6週間に1回、緩効性化成肥料を置肥します。春までは薄めた液体肥料を、10日に1回施し、終わった花や枯れた葉は、付け根から引き抜きます。休眠期は不要です。






366日の花と花言葉
  1月の花 花言葉 1月1日〜31日   5月の花 花言葉 5月1日〜31日   9月の花 花言葉 9月1日〜30日
  2月の花 花言葉 2月1日〜29日   6月の花 花言葉 6月1日〜30日   10月の花 花言葉 10月1日〜31日
  3月の花 花言葉 3月1日〜31日   7月の花 花言葉 7月1日〜31日   11月の花 花言葉 11月1日〜30日
  4月の花 花言葉 4月1日〜30日   8月の花 花言葉 8月1日〜31日   12月の花 花言葉 12月1日〜31日
Copyright (C) 魅る魅るガーデニング All Rights Reserved